着物買取.net

着物買取業者ランキング【おすすめ3選】

着物買取業者ランキング 1位~10位

店名 出張買取 宅配買取 店頭買取 送料 手数料 キャンセル 買取条件 評価ポイント
1位 福ちゃん★★★★★ 無料 無料 可能品物返送時の送料はお客様負担 特になし 初回限定買取金額10%アップキャンペーンや、複数まとめ売りで10%アップなどお得なキャンペーンを色々行っている。査定員の知識が豊富で対応が丁寧なので、着物買取初心者におすすめ。
2位 バイセル★★★★ 予約制 無料 無料 可能 特になし 出張買取はお問い合わせから訪問まで最短30分なので、急いで着物を売却したい時におすすめ。店舗運営のコストが必要ない分、高価買取が可能になっている。
3位 ザ・ゴールド★★★★ 関西地区と九州地区は対象外 関西地区と九州地区は対象外 無料 無料 可能 特になし 全国に直営店が79店舗あるため、店頭買取にこだわりがある人には非常におすすめ。他にも、遺品査定士や終活カウンセラーから生前整理アドバイスも受けられる。
4位 ウルトラ
バイヤー
★★★★
無料 無料 可能返送料無料 特になし 毎日先着100名様限定でまとめ売り査定額25%アップキャンペーンを行っているため、着物以外にも売りたい物がある方におすすめ。また、宅配買取キャンセル時の返送料も無料なので利用しやすい。
5位 まんがく屋★★★★ 大阪本社のみ 無料 無料 可能品物返送時の送料はお客様負担(ダンボール1個までは無料・2個目からは着払い) 特になし 古い着物やシミがある着物も買取OK。流行やニーズに合わせて適正価格を付けており、リピーター率が高いため安心感がある。
6位 たんす屋★★★★ 関東地区と関西地区のみ 無料 無料 可能返送料無料 出張買取は、絹の着物と帯が合計10点以上必要 通常の買取の他に委託販売で着物を売るシステムがあるため、時間はかかるが買取よりも高く売れる可能性がある。また、値段の付かなかったものは無償で引き取ってもらえる。
7位 ヤマトク★★★★★ 無料 無料 可能品物返送時の送料はお客様負担 無料梱包キットを希望する場合、振袖・訪問着は1枚から、その他の着物・帯は5点以上必要 宅配買取専門なので、訪問の時間が取れない忙しい方におすすめ。値段の付かなかったものは無償で引き取ってもらえる。
8位 久屋★★★★★ 無料 無料 可能品物返送時の送料はお客様負担 1枚だけの場合は、振袖・訪問着のみが対象 ヤマトクと同じく宅配買取専門だが、着物の他に風呂敷や着物ハンガーなどの和装小物も買い取ってもらえる。
9位 なんぼや★★★★★ 無料 無料 可能返送料無料 状態の良いもの 大手買取業者で安心感がある他、全国に駅近の直営店を展開しているため店頭買取が便利。また、まとめ売りで査定額がアップするキャンペーンも行っている。
10位 コメ兵★★★★★ 名古屋本店のみ 無料 無料 可能返送料無料 状態の良いもの 基本的には状態の良い着物しか買取できないが、化繊の着物や長襦袢など他では買取不可になりやすいものも買い取ってもらえる。

着物買取で失敗しない方法

着物買取で「失敗した!」と嘆くケースのほとんどは、予想以上に買取価格が低かったということです。せっかく時間をかけてダンボールに詰めたのに査定額は1,000円もいかなくて、返却してもらおうにも返送料の方が上回っているから渋々買い取ってもらう…なんてことはよくあります。また、出張査定でほとんど値段が付かなかったけれど、その場ではOKしてしまい後から後悔するといったパターンもありますね。

ではなぜ、このような失敗をしてしまうのかと言うと、それは一社にしか依頼をしていないため、「今ここで断ると損をする」という思考が働くからです。上記の場合、宅配だと返送料がかかるうえ別の買取業者を探す手間がいりますし、出張でも同様に業者を探す手間と空き時間を作る必要があります。しかし、これは買取依頼前に予め複数の業者から見積もりを取っていれば防げるのです。

交渉を有利に進める際のテクニックとして、『BATNA(Best Alternative to Negotiated Agreement)』というものがあります。これは簡単に言うと、交渉が決裂した時のことを想定して事前に代替案を用意しておくということなのですが、ビジネスシーンだけでなく買取の際の交渉術としても効果を発揮します。この場合のBATNAは複数の業者からの見積もりですね。仮にA社・B社・C社でWeb査定してもらい、その中でA社が一番高額だったとします。そして出張買取などで実際に見てもらった後、見積もりと同等の金額ならそのまま買い取ってもらえばいいですし、もし下回った場合でもB社・C社で売ればいいというBATNAがあるため、この場でキャンセルしても構わないと強気な交渉ができます。また、複数の業者で査定してもらうことでその着物の相場がわかるため、それを留保価値(最低条件)として捉えておくと、例えば相場の5万円よりも安くは売りたくないといった交渉ができます。

このように、交渉がうまくいかなかった時のために代替案を用意しておくのは交渉術の基本ですので、それを買取に活用すれば満足できる価格で売却が可能になります。とはいえ、見積もりのために何店舗も足を運ぶのは面倒ですし、中には宅配でしか査定を受け付けていない業者もありますので、複数の見積もりを取る際は、Web査定やLINE査定など写真を送るだけで完結できる業者を選ぶと良いでしょう。これならお金も時間もかからず簡単ですし、よりBATNAを増やすことができるので失敗する確率も格段に減りますよ。

着物をより高く買い取ってもらうコツ

着物をより高く買い取ってもらうコツはやはり、着物をメインに扱っている業者に依頼することです。
例えば街のリサイクルショップや古着屋だと着物の需要がないため、着物専門の査定員が在籍していません。そのため、たとえ価値のある着物でも1キロ何円の量り売りなど、かなり安くなってしまうケースもあります。

また、着物をメインに扱う業者といえば一昔前は質屋が代表格でしたが、現在は着物に質草としての価値はほとんどありません。質流れになってもそもそも着物の需要がないため、よほど高級で状態の良い着物でない限り引き取ってもらえないでしょう。それでも質屋はシステム上、質草の価値以下のお金しか貸せないため、高く売るのとは程遠くなります。

その他、買取とは違いますがネットオークションやフリマアプリで自分で売るという方法もあります。これなら自分で売りたい金額を設定できるので、うまくいけば一番満足のいく価格で売ることができます。しかし、着物の採寸から出品・発送・購入者とのやり取りまで全て自分で行わないといけないため、何十枚もある場合はかなりの時間と手間を要します。そしてもちろん、出品すれば必ず売れるという保証もないので、時間と手間をかけてでも高く売りたいという人以外にはあまりおすすめできません。特に高値で売る場合は買い手側も慎重になるので、コメント欄に詳細な情報を書くだけでも一苦労です。

以上のことから、正絹の着物は着物買取業者で買い取ってもらい、化繊やウール、状態が悪くて値段が付かなかった着物は、ネットオークションやフリマアプリで販売するのが最も高く売れるコツです。

高く売れる着物の種類とは?

着物には沢山の種類がありますが、ざっくり分けると振袖・留袖・訪問着・付け下げ・色無地・小紋・紬・黒紋付・浴衣に分類されます。 そしてそれぞれに簡単な説明を付けると以下になります。

振袖
未婚女性の第一礼装で、長い袖と全体に豪華な絵羽模様(縫い目を跨いで一枚の絵のようになっている模様)が入っているのが特徴。
主に成人式や大学の卒業式、結婚式などで着用されます。
留袖
既婚女性の第一礼装で、裾にだけ絵羽模様が入っているのが特徴。主に結婚式などフォーマルな場で着用されます。尚、黒留袖は既婚女性のみですが、色留袖は未婚女性でも着用できます。
訪問着
略礼装の着物で、肩から胸、袖、裾にかけて華やかな絵羽模様が入っているのが特徴。結婚式のゲストや入学式、パーティーなど着用できる場所が多い便利な着物です。
付け下げ
訪問着に準ずる格の着物で、着た時に柄が全て上向きになるよう描かれているのが特徴。訪問着と形やデザインが似ていますが、こちらは反物から柄が描かれるため訪問着よりもシンプルになります。
色無地
柄のない一色で染められた着物です。落ち着いたデザインのため、お宮参りやお茶・お花などのお稽古事に適しています。グレーなど暗めの色なら弔事にも使えます。
小紋
おしゃれ着物の代表格で、柄が着物全体に描かれているのが特徴。カジュアルなパーティーや観劇など、軽くおしゃれをしていく場所に適しています。ちなみに通常の小紋は普段着ですが、極めて模様が細かい江戸小紋だと格が上がります。
染色した紬糸から織られた着物で、緻密な模様とシックな色合いが特徴。昔はくず繭を使った庶民の野良着だったため格は普段着ですが、大島紬や結城紬など高価なものも多く、通に好まれる着物です。
黒紋付
無地の黒一色で、背・両胸・両袖に五つ紋のある着物です。最も格の高い最高礼装の着物で、主に慶事や弔事(喪服)に着用されます。
浴衣
湯上がりや夏祭りで着用します。安価な木綿でできたものが多いですが、中には伝統工芸品の高価なものや、絹でできた浴衣もあります。

ではどういった着物が高く売れるかと言うと、まず第一条件としては正絹(絹100%)の着物です。元が安価なウールや化学繊維の着物は、残念ながら値段が付かない場合がほとんどです。同じく安価な木綿の着物もあまり値段が付きませんが、例外として高級浴衣の「竺仙」や、伝統工芸品の有松絞りは高価買取が期待できます。

そして次に重要なのが、デザインと着用できる機会が多いかです。着物買取業者の多くは買い取った着物をレンタルに回したり、インターネット経由で販売したり、海外に輸出したりしていますので、派手で奇抜なものよりは誰でも着られるベーシックなデザインの方が高値が付きます。

また、着用できる機会が多いか少ないかも高く売れる条件に関わってきます。上記の分類で見ると、振袖と訪問着はフォーマル着物なことに加えて着用できる機会も多いため、高価買取が期待できます。カジュアル着物だと紬は着用できる機会が多くファンも多いことから、高価買取の対象になりやすくなります。

なるべく高く着物を売るための
チェックポイント

高価買取の対象となる着物と言えばやはり、人間国宝や有名作家の作品ですが、一般家庭でこのような数百万円以上する着物をお持ちのケースは少ないかと思います。
では、作家物の着物じゃなくても比較的高く売れる着物とはどういったものなのか?そのチェックポイントは以下になります。

保存状態が良く、
虫食いやシミ、カビなどがない
絹は蚕が作った動物性繊維でできているため非常にデリケートです。そのため、たとえ一度しか着用していなくても、その後何年もタンスに仕舞いっぱなしだと湿気で汗ジミやカビが発生したり、虫に食われたりします。このような状態になってしまった着物は大抵買取不可になるので、査定依頼をする前に必ず傷み具合をチェックしておきましょう。ですが、目に見えてわかるぐらい大きなシミが付いている場合は別ですが、素人目にはわからないぐらい小さなシミだってあります。これだと期待を込めて査定に出したのに、買取不可で残念な思いをすることにもなりかね るので、仕舞いっぱなしや保存状態に自信がない場合は、シミや変色があっても査定OKな福ちゃんなどの業者に依頼することをおすすめします。
証紙が付いている
証紙とは、その着物の産地や価値を証明する、いわば証明書のような役割のものです。例えば、本場大島紬には伝統工芸品の検査に合格した証である「伝統証紙」が必ず付いています。こちらは無くても買取不可にはなりませんが、付属している場合は大幅に査定額が上がりますので、着物を購入した際一緒に仕舞っていないか必ずチェックしておきましょう。
身丈160cm、裄丈65cm以上ある
現代人は男女ともに平均身長が伸びているため、大体どこの業者でも高価買取の対象となる着物のサイズは「身丈160cm、裄丈65cm以上」と設定されています。サイズが大きければ色んな体型の人が着られますし、後から小さく仕立て直すこともできますが、小さいサイズだと着られる人が少なく、大きく仕立て直すにも費用と手間がかかるからです。でも大正・昭和世代の女性は身長160cm以下という人が多いですよね?ならば小さい着物は売れないかというとそうでもなく、バッグや小物などにリサイクルする手芸用の生地として買い取ってもらえる場合もあります。例えば、大正時代のアンティーク着物は今より上質な絹が使われており、色柄も現代では出せない独創的なデザインをしているため、アンティーク好きな女子からは人気があります。なので、たとえサイズが小さくても状態が良ければ高価買取になる可能性が高いです。

買取不可になりやすい着物とは?

上記では高価買取になりやすい着物をご紹介しましたが、では逆に買取不可になりやすい着物とはどういったものなのか?
こちらも把握しておかないと、いざ査定に出した時に全く値段が付かなくて、交通費や返送料の方が高くついた…なんてことになってしまいますので注意しましょう。

160cm未満の小さい着物
着物買取業者は着物を買い取った後にレンタルや海外などで販売するため、次の人が着られるようメンテナンスを施します。先述でも紹介した通り、大きい着物を小さく仕立て直すことは簡単ですが、小さい着物を大きくするのは仕立て直しにコストがかかるため買取不可になりやすいです。しかし縫い代が多い着物や、小物にリメイクするハギレとして使えるデザインの場合は買い取ってもらえる可能性があります。
汚れや臭いのきつい着物
福ちゃんのように、シミ・変色汚れありでも査定OKな業者もありますが、あまりに酷いシミや、着物の表面に落ちない汚れが付着している場合は買い取ってもらえません。また、直接汚れが無くてもカビや汗、たばこ、香水、ペットの臭いや、樟脳の匂いがこびりついている場合も買取不可になりやすいです。軽いものであれば、数日間風通しの良い場所で陰干しすれば改善できますが、それでも取れない場合はクリーニングに出す必要があります。しかし、着物のクリーニングはお店にもよりますが丸洗いで平均5,000円程度、一度着物を解いて反物の状態にしてから洗う洗い張りだと5万円以上もかかります。そのため、クリーニングに出してもそれ以上の値段で売れる着物なら問題ありませんが、それほど見込めないものなら買取は難しいです。尚、市販の消臭スプレーをかけるとシミになる可能性があるので止めておきましょう。
化繊やウールが素材の着物
着物買取の基本条件は素材が正絹であることですが、お店によっては麻でできた上布や、伝統工芸品の木綿なども買取してもらえます。しかし、ポリエステルなどの化学繊維でできた着物や、羊毛からできたウールの着物は元々が安価なため買取不可の所がほとんどです。ウールの着物は戦後から昭和中期にかけて大流行したのでお持ちの方も多いと思いますが、残念ながらよほど価値のあるものでも良くて多少値段が付く程度です。ただし、お店によっては正絹の着物数点と合わせてなら買い取ってもらえることもありますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。
喪服
喪服に用いられる黒紋付は最高礼装の着物ですが、近年はレンタルで済ます人やワンピースタイプの洋装を着用する人が多いため、残念ながらリサイクル市場での需要はほとんどありません。ですが、数年前に購入した状態の良い未使用品ならば、他の着物と合わせて買い取ってもらえる可能性があります。また、グレーや深い紫色などの色喪服も、お店によっては買取可能な場合があります。

出張買取・宅配買取・店頭買取 売るならどれが一番お得?

最後に、着物買取には出張買取・宅配買取・店頭買取の3タイプがありますが、どれを選べば一番お得かをご紹介します。
まず、それぞれのメリットとデメリットを挙げていきます。

出張買取

出張買取のメリット
出張買取のメリットは何といっても自宅にいるだけで買取OKなところです。売りたい着物が大量にある場合は宅配準備が面倒ですし、車に積むのも一苦労です。また、近所に着物を買い取ってくれるお店が無かったり、足腰が不自由でそこまで運べなかったりなどの理由もあるでしょう。そのためこのようなタイプの人は、査定員が直接自宅まで来てくれる出張買取がおすすめです。また査定員と対話できるため、査定額アップの交渉を行うのが得意な人や、一点ずつ細かな査定額を聞きたい人にもおすすめです。
出張買取のデメリット
一方で出張買取のデメリットは、女性の一人暮らしなどで知らない人を自宅にあげたくない人には不向きという点です。BUY SELLでは女性のお客様に限り女性査定員を指名できますが、買取業者全体においては圧倒的に男性査定員の方が多いです。ここでご紹介している業者は大丈夫ですが、悪質業者の中には、本来の目的である貴金属を狙った「押し買い」をするケースもあるので、心配な場合は当日夫や息子、知人男性と一緒に居てもらった方が良いでしょう。

宅配買取

宅配買取のメリット
宅配買取のメリットは好きな時間を利用して買取できるという点です。ダンボールに詰める手間はありますが一気に片付くので、休日にタンスの中身を丸ごと整理したい!という人におすすめです。また、山間部や離島など出張買取対象外地域にお住まいでも、宅配なら日本全国対応しています。
宅配買取のデメリット
一方でデメリットはというと、やはり発送の手間がかかることに加えて、買取不可の場合は業者側で処分か、まとめて返送されるかしか選べないという点です。返送するにしても、ウルトラバイヤープラスやなんぼやのように無料の所は少なく、大抵は別途返送料がかかってしまいます。そして着物クラスの着払いとなると確実に数千円はかかるので、逆に損をしてしまう事態にもなりかねません。

店頭買取

店頭買取のメリット
店頭買取のメリットはやはりお店で売る安心感でしょう。お店まで足を運んで売る方法は昔から存在しますし、出張買取と違って買取不成立でも断りやすいというメリットもあります。 また、買取ショップは大抵販売も兼ねているので、着物を売った後その場でブランド品やジュエリーなど、気になるアイテムを購入することができます。
店頭買取のデメリット
一方のデメリットはお店までの交通費や、来店までの時間を要する点です。着物の店頭買取OKで、日本全国に店舗展開している所はまだ少ないので、その近くにお住まいでない場合は、結構な交通費やガソリン代がかかるでしょう。そしてもし買取不成立だった場合は、また自宅まで持って帰らないといけないめんどくささもあります。

以上がそれぞれのタイプのメリット・デメリットになります。ではこの中でどれが一番お得な売り方なのか?
人によってそれは変わってきますが、最も高く売ることに焦点を当てると、それは出張買取になります。

それはなぜか?なぜなら、出張買取は買い取らないと店側が損をするからです。出張買取は他の2つと違って人員の確保や、往復のガソリン代が必要になってくるため、買取不成立で手ぶらの状態で帰ることは損なのです。つまり、本来の査定額から少し値を上げてでも買取成立へと持っていきたいわけです。また、店頭だと人目が気になって査定額の交渉ができないという人でも、自宅なら安心して交渉が行えるという売る側のメリットもあります。

以上のことから、一度に大量の着物を高く売りたい場合や、着物の他にも骨董品やブランド品など整理したいものがある場合は、出張買取を選択しておいて間違いないでしょう。